カラコン 種類

カラコンの種類(ワンデー・マンスリー・ワンイヤー)の違い

 

いま、国内で販売されているカラコンの装用日数タイプには
色んなものがあります。

 

現在もっとも多く使われているものとしてあげられるのが、
「ワンデー(1日使い捨て)タイプ」
「マンスリー(1ヶ月使い捨て)タイプ」
「ワンイヤー(1年使い捨て)タイプ」という
3タイプだと言われています。

 

この3タイプの違いとは一体何でしょうか?
じつは、このカラコンの装用日数タイプの選び方次第で、
あなたのカラコン生活の快適さがかなり変わってくるんです。
あなたにとって、どんなタイプのカラコンが向いているのでしょうか?

 

色んな視点から比較してみましょう。

 

交換頻度

新しいカラコンと交換頻度の多さですが、当然、1日で交換する「ワンデータイプ」がいちばん
多く、その次が「マンスリータイプ」、最も少ないのが「ワンイヤータイプ」となります。

 

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスは交換頻度の多さと反比例します。
「ワンイヤータイプ」が最もコストパフォーマンスが高く、
次に「マンスリータイプ」、「ワンデータイプ」と続きます。
これを見て分かるように、装用日数が長ければ長いほどコストパフォーマンスが高くなります。
ただし、「日常的にカラコンを使うというわけではない」という人にとっては、「ワンデータイプ」や、
「マンスリータイプ」のカラコンの方が経済的とも言える場合もあります。

 

衛生面

衛生面では、交換頻度の最も多い「ワンデータイプ」が最も衛生的だと言えます。
毎日新しいカラコンを使うため、汚れの蓄積がほとんどありません。
次に「マンスリータイプ」、「ワンイヤータイプ」と続き、お手入れを雑に行ってしまうと、
トラブルの原因となりうる場合もあります。

 

扱いの楽さ

これは、毎日カラコンは外したら捨てて、翌日また新しいものに交換するだけという
「ワンデータイプ」がいちばんラクチンでしょう。
初心者の方には特におすすめです。
毎日のお手入れが必要な「マンスリータイプ」、「ワンイヤータイプ」は
同じくらいと言えるでしょう。

 

レンズの耐久性

長期間に渡って装用することを目的として作られている「ワンイヤータイプ」が
最も耐久性が高く、汚れの蓄積もしづらいと言われています。
そして「マンスリータイプ」、「ワンデータイプ」と続きます。

 

自分の生活を振り返りながらどの項目を重視するかを考えてみると、
自然とあなたにとってピッタリな装用日数のカラコンが分かってくることと思いますよ。