カラコン 保管

カラコンを保管する時の注意点

 

ワンデータイプ以外のカラコン使うにあたってに
必ず毎日しなければならないのが、「カラコンのお手入れと保管」です。
長期装用タイプのカラコンはコストパフォーマンスが高く、
お財布に優しいので愛用している人も多いのではないでしょうか?

 

おトクなカラコンを安全で快適に使い続けるには、
毎日のお手入れをきちんと行う必要があります。
当たり前のように行っているお手入れですが、
実は見落としていて知らなかったということも多いはず。

 

ここで改めて注意すべきポイントをおさらいしてみましょう!

 

保存ケースのこと

いつも使っている、カラコンの保存ケースはキチンと洗っていますか?
せっかく手をキレイに洗って、カラコンを丁寧に洗浄しても、
保管する保存ケースが汚れていたら意味がありません。
保存ケースは、カラコンをつけたあとに毎回水道水でキレイに洗って、
ホコリが付かないように乾燥させるか、清潔な布やティッシュなどで
キチンと水気を拭き取っておきましょう。

 

1週間に1回くらいは、落ちきれなかったケースの汚れを
綿棒などで拭き取るといいでしょう。
また、1,2ヶ月に1回のペースで新品の保存ケースと交換するともっとヨシ!です。
保存液にケースが付いている場合は、新しい保存液を開封するタイミングで、
新品のケースと交換するという方法があります。

 

保存液のこと

保存液は必ず、ソフトコンタクトレンズ専用のものを使いましょう。
ハードレンズ用や、水道水で代用というのは絶対にやめてください。
目のトラブルを引き起こすこともあり、カラコンの劣化を早める
原因にもなってしまうのです。

 

今は洗浄・すすぎ・消毒・保存を1本で行えるオールインワンタイプのものが
出ているので、とても便利ですよ!

 

カラコンを長期保存するとき

いくつかの種類のカラコンを使い分けている人、たまにしかカラコンを
使わないという人の場合、長期間カラコンを保存することがあると思います。
その場合保存液は入れっぱなしにしておくのではなく、2,3日おきくらいに
新しい保存液と交換することをお忘れなく。
保存液を入れっぱなしにすると、保存液自体が時間の経過で蒸発してしまったり、
暖かい時期だと古い保存液に雑菌が繁殖しやすくなってしまうためです。

 

 

意外と見落としてしまいそうなポイントをいくつか挙げてみました。
カラコンは清潔が第一です。安全にカラコンを使うために、
カラコンの保存は細心の注意を払って行いたいですよね。